日曜日, 4月 27, 2008

続・続・聖火

韓国でもすごかったみたいですね、彼らの振るまい
日本でもきっと報道されて無いだけでこんなことはあったんでしょうね。

報道ではどうも平穏さを強調されてるみたいですが…。
自国内のこともろくに報道できないのに他国のことをこんな風に報道できるんですかね~。

ここから面白いところです、聖火は平壌へ行ったみたいです。

さぁー、どんな風に聖火を迎えるんでしょうね!?
韓国と日本と同じことになるんでしょうかね!?
チベットの旗を見ることは出来るんですかね!?

ある意味異様な雰囲気になると予想しながら情報を待ちたいと思います。

続・聖火

聖火は韓国に行ったみたいですね。

当日のテレビでの報道や実際に長野からの映像を見ていません。
ただ産経新聞のHP上に載せられていた写真見てびっくりしました。

「この写真…、長野??」

あんなに沿道を中国の旗が埋め尽くすんですね。

もしチベットの問題や各国で起きた聖火リレーの妨害行為が無くて、普通の聖火リレーが行われていたら?
僕の予想では五輪の旗・日の丸・中国の旗などが沿道で振られ、ほとんどが長野の人や観光客でいっぱいだったんではないかと。

そもそも、なぜあんなに中国の方々が集まって国旗で沿道を埋め尽くさないといけないのか?
このことをよく考えると、中国側の今回の対応の真意が炙り出されるのでは!?

自分たちが間違ったことをしていないという自負があるのなら、チベットの旗でもなんでも勝手に振らしておけばいいのでは??だって間違っているのはチベットの旗を振っている方なのだから。

明日にでもこちらの新聞で報道されているか、されていたらどのような論調なのか見たいと思います。

対応がまずいと逆に傷口を広げるようなことになるんだな~。
と、感じる機会を与えてくれた今回のリレーに感謝します!!
ありがとう!!

金曜日, 4月 25, 2008

聖火

日本に到着したみたいですね。

僕は日本にいたら長野に行ってみたいです。
やじうま??興味本位??今の考えからでた行動??

僕は世界から批判を受けている国の人々、自分たちは間違っていないと主張する国の人々がどのような面で日本を駆けるのか生で見たい。そして何を自分が感じるのかを体験したい。

勇気のある善光寺の行動
僕はまだまだ日本は捨てたものじゃないと思った。

当日はいろんな感情を持った人が集まると思う。
色々な表現法はあるけど、渦中の国が行っているような方法の表現は起こらないことを祈る。
「日本」という国がどのような姿勢を示すのか世界も見ていると思うので、「恥ずかしい」行動が起きないことも祈る。

何かを感じるれるこの日を大切にしよう!!

水曜日, 4月 09, 2008

来日

僕が聞いた情報が正しかったら、日本時間の明日ダライ・ラマ14世が来日されます。

世界各地、特に最近では聖火の通過する国々でデモ等が起きています。
なぜここまで大規模なデモが起きるのか!?

渦中の人を迎える日本ではどのようなことが起きるのでしょうか??
明日はいつも以上にニュースを注意して見ようと思います。

デモをするから良いって訳ではないし、何もしないからOKでもない。
各人、政治家から子供までがこの状況を考えて何が出来るか、何をすべきなのかを考えることから始めましょう!!

以下は僕個人の現在の意見、考え。

政治とスポーツは一緒にすべきでは無いことはよく分かります。
でも、心技体の究極の祭典であるオリンピック開催する国が、人権弾圧などを行使することはあってはならないと思います。なぜなら、個人の活動や表現を制限される中で心技体の充実は保障されるのか。スポーツとは人権や国家やそのような概念を超越する個人の努力や情熱から来る真剣勝負のすさまじさ、時に儚さ無常さに心を動かされるものだと思います。心技体。全てにおいて一点の曇りも無い最高のパフォーマンスを追及する。この活動こそ「自由」が保障されるべきだと思います。といっても最低限のルールは伴います。国際社会から見て明らかにルール違反な行為を僕はしていると思う国、自由を制限しようとする国。現状がそのような国で果たして本当に最高の「戦い」が出来るのが心配です。だから僕は問いかけます。スポーツを愛する者として。

日曜日, 4月 06, 2008

Tibet problem

Today I want to write in English because I have the movie which I want people all over the world to watch.
This movie has English sub tile fortunately so I believe people all over the world can watch this.

He is the Buddhist from prestigious Japanese temple. I think this is the first comment of Tibet problem from Japanese Buddhist. I'm really proud of his decision to talk on the live broadcast.

We have to think about the religious freedom seriously.
Especially Japanese people are really close to Buddhism so we should and can do something.

After watching this movie, tears came from my eyes.
Please check it and I hope you feel something!!

今一度、自由や権利について考えないといけないと思った。
本当に涙が出た。人はやはり腹をくくらないといけない時があるのだと。
仏教は日本人にとって身近な存在である。
日本の仏教者のコメントがメディアに出たのはきっとこれが最初である。
僕たちはもっと考えないといけない。中国に近い国として。
そして、恥ずかしい国民国家に成り下がってはいけない。


video

金曜日, 4月 04, 2008

新年度

になりました。

僕も一つ学年が上がりました。実感はないですね、変らない日々です。
でも学生から社会人になった人などは実感を伴うんでしょうね~。

一つの節目で色々なモノが始まり終わるのが3月31日から4月1日。
分かりやすいのはガソリン税かな。あと年金記録問題の照合も3月末が期限だったはず。

期限を決めるって結構大変で責任伴いますよね。

でも政府って責任とか感じているんかな??

僕も期限を延長してきて今に至っている類ですけど、周りの方々の理解協力があったから出来たと思います。だから、がんばらんとアカンなと自分にプレッシャーをかけれる。

ガソリン税って結局周りの理解(特に国民)を得られてないのに、また上げるとかってどうなんでしょうね~。混乱する混乱するって言ってたのに、混乱は軽微だったとか。
だれが混乱するのかよくよく考えたら、大半はむしろHappyまたは関係ないになるの分からないのかな~。

偉そうに言っちゃいました。

そんな日本を見ていて、期限までにやるべきことを誰に対して約束ているのかよく考えないといけないなと。そして期限が迫って、「どうも怪しいなぁ」ってなっても関係する人に理解をしてもらえるような最低限のこと(これが何か考えるのが大変ですが…)をせんといかんなと。もう一度この新年度を機会に考えなアカンなと思ったついこの頃でござんす。

で、考えたら眠くなる、春眠暁を覚えず…。

春爛漫ですわ