日曜日, 12月 20, 2009

M-1感想

このブログにコメントを下さるs_maeさんのご好意でスカイプのウエブカメラを使ってリアルタイムで見れました!!
本当にs_maeさんありがとうございます!!

今年の大会はすごいレベル高かった。
僕の予想の寸評はどうでもいいです。

何をおいても笑い飯。
本当に最初の鳥人のネタ。腹抱えて笑いました。
全盛期のごっつええ感じのコントや松ちゃんがガキのフリートークでやってそうな、発想力と情景を刺激する脳に響くネタでした。
そして、2本目。
笑い飯が出始めた時によく見たねた。両方とも読売テレビのZAIMANで見たのを覚えてます。
きっと、本当に自分たちの好きなネタをしようと決勝では決めていたんだろうなと察します。キャッチャーのネタなんて、あの時からニッポンハムやったし笑

僕の記憶だと、パンクブーブーは4年前ぐらいかな準決勝にずっと行っていたのに3回戦で負けてしまった年があって。だから、決勝に残ったのを知ったときはがんばってんやなぁと。

この大会で感じたことは、一時多かった変化球の漫才よりも「言葉」やりとりを楽しむネタが増えた気がする。返しとか言い回しとか細かい描写とか。僕はそれがとても心地よかった。

日本語が出来ないと漫才も出来ません!!
発想を言葉で表現できないと面白くないです!!

やっぱり日本の文化だと思った。

ネタの構成の難しさをすごく感じました。
どこで山を作るのか!?どこからあげていくのか!?
印象って前の流れから生まれるから、そこの色づけ。

うーん、また何10回も見ないといけない。

上戸彩さんの司会が去年より抜群に上手くなっていたこと。
東国原知事がブルーリボンのバッチをいつものように付けて下さっていたこと。
CMまたぎがいつもと変わっていたこと。前半5本までノンストップってびっくりした。

最終決戦は何か大人の戦い。
8年連続の笑い飯
前回王者のNON STYLE
初出場のパンクブーブー
とてもええコントラストで、パンクブーブーの勝ち。
個人的には笑い飯の笑いへの気持ちを勝手に感じたから勝って欲しかったけど、結果には満足。あのネタは面白かった。

ちなみに勝手に僕の感覚で付けた採点表。
最初の基準点ナイツの点を抑えたせいで、細かい点数の違いの争いになった。
採点も難しいなぁ…

ナイツ 75点
南海キャンディーズ 75点
東京ダイナマイト 72点
ハリセンボン 70点
笑い飯 83点
ハライチ 74点
モンスターエンジン 69点
バンクブーブー 74点
ノンスタイル 73点

本当におもろかった~!!
演者の皆さんおつかれさまでした~!! 

1 件のコメント:

Aya さんのコメント...

またまた登場です。

私も全部見ました。
その結果、Yoshiさんの採点結果には
結構共感です。
やや笑い飯には甘い気がしますが(笑)

私は南海キャンディーズとハライチが好きでした。
ストーカーと青いムック…

関西を離れたせいか、過去2年当ててきた予想も今年は全くで、見てる最中の印象も審査員とずれてました。

なんだかな~。