木曜日, 9月 20, 2007

目標と現実

PHP新書から「 「場の空気」が読める人、読めない人 」と言う本が出版されています。

今日この本を少し立ち読みしていてびっくりしました。
先日書いた「ありがた迷惑」にかなり近い内容の文章が載っていたのです。
「あなたの周りの「場の空気」が読めない人」の例として「独りよがりな思いやりで相手に迷惑がられる人」の項目にバッチリ。自己満足という言葉まできっちり出ていました。

かなり笑ってしまいました。相当に自分は今の流行で言う「KY」だったよですね。
その自分が目指しているのは「空気の読める人間になりたい」と言う…。なんじゃこら(笑)
正直なところ「なんでやねん」って気分ですが、真摯に受け止めようと思います。

でも本からではなく、いろいろな方との会話を通じて自分の中で思考を重ねて、この考えを得られたという事実は評価したいと思います。話を聞いてくださった方々本当にありがとうございます。こうやって日々考えて成長していこうと思います。

それにしてもまだまだ修行が必要ですわ。がんばれ、おれ!!

2 件のコメント:

潤二郎 さんのコメント...

「悩むことは当たり前だし それこそがダイナミズムだと思うんだよ

 それを楽しめないともったいないよ がっかりする時は思いっきりがっかりしたり失望したり切望したり恋が叶ってもいいし失恋してもいいし 

 その瞬間をしっかり掴まえて心臓が張り裂けるようなダイナミズムを味わうってことが もっとも贅沢な生き方じゃん」

by甲本ヒロト


今こそ、まさにええ感じやん。

Yoshi さんのコメント...

>潤二郎さん

コメントありがとうございます。

そう言ってもらえてうれしいです。
まさに今の僕にピッタリの内容ですね笑

贅沢してると思ってがんばります。
ありがとうございます!!