日曜日, 4月 22, 2007

公共事業

YouTubeでたまたま長崎新幹線建設反対に関する物を見ていて思ったことがあります。

よく都道府県や国が予想する利益や利用者数が建設や開通後にそれを下回ることって目にしませんか??こういう話題がニュースになるからかもしれませんが、多くないですか??

彼らは何をもって予測を立てているのでしょうか??本当に疑問です。

よくよく考えると必要ない物って多くないですか??
正直神戸空港いります??新幹線ってそんなにいります??
もっと在来線で早く走る特急作った方がよくないですか??
正直言って、僕の住んでる大阪市大正区も何とかしてほしいですよ。でも急行バスがあったり、渡し舟があったり。

もっと使ってる人の意見を聞いて予測を立てることはしないのですか??
予測立てる人は、使ったことないでしょ。ゆとり教育を進めていた人の子供さん、影響受ける公立に行かせてるんですか??

もっと市議会議員の選出とかもっと根底のところから考えていかないといけないのかもしれないですね。
その点で、鹿島市の桑原市長さんの戦いにはすごく感動しました。事業の利益は利用者に還元されないとダメなのです。

それにしても、なんであんなにポジティブな予想を国や自治体が立てるのか、その予想の立て方を知りたくなったついこの頃です。

2 件のコメント:

s_mae さんのコメント...

仕事中だけどコメント

長崎新幹線・・・
あれは本当にいらない。
長崎に出張してみてホントそう思う。

だいたい博多から長崎に行くには
みどり・ハウステンボス、かもめっていう
特急が1時間に何本も走ってるんだし。

Yoshi さんのコメント...

>s_maeさん

コメントありがとうございます。

やっぱりいらないんですね~。推進派の人はこんな意見を耳にしないんでしょうかね。

大阪から京都行くのに新幹線で行くみたいな感じですね。今度九州案内してくださいね☆